小児歯科

子ども(小児)に歯医者さんを怖がらせないようなたくさんの工夫があります!

子ども(小児)の治療について

親子一緒に治療室に入れる歯医者さんもありますが、当院ではお母さんには待合室にいていただき、お子さんだけ、治療室に入ってもらっています。お子さんにはできるだけ小さいうちから来ていただき、最初は治療をせずに、おもちゃを見せたり、機械を見せたりしながら、「歯医者さんは怖くない」とわかってもらえるようにお話をします。治療中は、前方に設置してある画面でアニメもお楽しみいただけます。

 

お子さんが歯医者さんにある程度慣れた段階で、歯がきちんと磨けているか染め出しをします。赤く染まった歯をお子さんに見せ、iPadに出たグラフをお子さんとお母さんにもお見せします。
どこか磨けていないか、スコアをつけながらチェックします。このように、小さいうちから歯磨きの指導を徹底していくことで、お子さんが将来、虫歯治療をしなくて済むように診療しています。また当院では、お子さん用にヨーグルト味やリンゴ味のフッ素をご用意しています。

小児の虫歯

虫歯治療のためにやむを得ずお子さんに麻酔注射をする時は、DVDを見せながら、そちらに気を取られている隙に注射をします。
通常よりも細い針を使う、注射液の温度を体温に近づけるなど、お子さんでも痛くない麻酔注射を心がけていますので、お子さんに泣かれることはほとんどありません。

子供の時から食習慣に気をつけましょう

昔に比べて生活が豊かになったおかげで、現在では、お子さんがいつでも甘いジュースやお菓子を口にできてしまう環境です。しかし、そのことが原因で最近は虫歯だけでなく、早いうちから歯肉炎になるお子さんも増えてきました。赤ちゃんのうちからミルクのだらだら飲みをさせない、お子さんがおやつや甘いジュースを口にする回数をきちんと決めておくことも大切です。
飲食の時間を決めて、規則正しい食生活を送ることによって、虫歯になるリスクを減らすことができることを患者さんに指導しています。